警告ラベルTOP 3区画以上の警告ラベル(各規格様式)3区画以上の警告ラベル ISO+ANSIタイプ3区画以上の警告ラベル ANSIタイプ ISO3864他 単一の図記号ラベル 図記号データベース(警告ラベル用)
警告表示ラベル
ラベル材質および特性と仕様
ご注意
丈夫な樹脂製フィルムを素材としたラベル・ステッカーは、紙製ラベル等よりも丈夫で耐水性があり、裏面の台紙を剥がすだけで手軽に表示が行える事が利点です。ただしラベルという性質上、基本的にラベルや樹脂素材の貼付が難しいような箇所(極めて高温の箇所、凹凸面/粗面、水中ほか)での使用にはそもそも適しておりませんので、
ご使用の用途によっては、この他の材質や銘板(プレート)等のビス止め加工などでの異なる表示方法をご検討頂く場合もあります。
 
   塩ビフィルム+透明塩ビ 白PET+透明PP  裏銀PET白コート+透明PP 
耐候性 
下地隠蔽
耐熱性 ×
※フィルム及び粘着剤はいずれも耐水性を備えますが、絶えず水流のある箇所や水中(常に水の乾かない場所)などには不向きです。

※耐薬品性は薬品の種類(酸・アルカリ・各種有機溶剤ほか)や濃度によっても異なります。
特殊な条件の場合においてはご相談下さい。
ご依頼によってMSDSやRoHS等の提出資料を承ります。(お時間をいただく場合があります)

◆標準タイプ:軟質塩化ビニール製
 【表面透明塩ビラミネートフィルム加工/裏面:グレー粘着剤】








耐候・耐水性やおよび一般的な耐薬品性をもつ軟質塩ビフィルムをベースとして、印刷面には透明塩ビフィルムにて表面保護加工が施され、長期にわたって印刷面の摩耗や色あせを防ぎます。

大気による酸化にも強い塩ビ(塩化ビニール樹脂)素材は耐候性に特に優れており、石油依存が低く省資源ながら、屋外環境においても経年劣化に強く、安定したライフサイクルで表示を保ち続けます。

裏の粘着剤面はグレーのため下地が透けにくく、貼付箇所の色調に表示が影響されません。

他の樹脂よりも耐熱性に劣り、使用温度は60℃強位までとなります。


◆塩ビ素材の使用における当社の方針・コンセプトについてはこちらのリファレンスをご参照ください。

◆白PETフィルム製
 【表面PPラミネートフィルム加工/裏面:透明粘着剤】





熱による伸縮が少なく、塩ビフィルムよりも高温の箇所にも適します。

白色の素材に透明の粘着剤を使用しているため、色の暗い/濃い場所への貼付時など、貼付場所の色に若干影響される場合があります。


粘着力と屋外耐候性は塩ビ製標準タイプよりも劣ります。表面のPPフィルムは屋外環境ではあまり適しておらず、紫外線の当たる環境では「ひび割れ」などの劣化が生じる事があります。

◆裏銀PETフィルム白コート製
 【表面PPラミネートフィルム加工/裏面:透明粘着剤】







熱による伸縮が少なく、塩ビフィルムよりも高温の箇所にも適し、約80℃位までの使用温度となります。

裏面はアルミ蒸着加工のため、下地が透けにくく貼付箇所の色調に表示が影響されません。


表面のPPフィルムは屋外環境ではあまり適しておらず、紫外線の当たる環境では「ひび割れ」などの劣化が生じる事があります。

(他の材質よりもサイズや形状の制限があります。)


※使用する素材の種類によってや発色性・色の再現性が異なり、若干の色調の違いが生じる場合があります。

※想定される使用温度の上限は上記のようにメディアごとに異なりますが、いずれの場合も粘着剤付きのラベル製品である事から、著しい高温の箇所への貼付には本来適さず、所要温度範囲内であっても常に高温となる箇所であったり、温度が高いほどラベル本来の経年劣化を早める原因となる事も想定されます。

従って温度条件・暴露環境・使用箇所や対象によっては、ラベルでなく金属銘板等での表記や、保護カバー上に表記するなどの方法もご検討いただく事も必要となります。

材質や仕様について ご注文について FAXご注文用紙 警告ラベルカタログ

弊社TOPページ・取扱製品などは上記バナーのリンクからご参照ください。  会社案内
〒530-0053 大阪市北区末広町2-38 Eメール:info@ishiimark.co.jp
TEL 06-6314-1410:FAX 06-6314-2502
株式会社 石井マーク 
警告ラベル オン・デマンド