警告ラベルTOP 3区画以上の警告ラベル(各規格様式)3区画以上の警告ラベル ISO+ANSIタイプ3区画以上の警告ラベル ANSIタイプ ISO3864他 単一の図記号ラベル 図記号データベース(警告ラベル用)
警告ラベル オン・デマンド
消費者用警告/製品安全/労働安全【警告表示ラベル】表示の規格様式:【IS型】ISO3864+ANSI Z535タイプ
 図記号+文章+信号区画を備えた、3以上の区画を持つ警告表示ラベル(様式規格:ISO 3864+ANSI Z535)
 警告ラベル 【IS型】 (表示の規格様式:ISO 3864+ANSI Z535タイプ)
  (下のプレビュー画面を直接クリックすると、全カテゴリのプレビューを表示します)
【ご注意】リスクの不回避によって懸念される危険性とは、異なる危険源分類の複数が含まれる事も多くあるため、ここでのカテゴリ(分類)は、「潜在する危険を回避するための警告表示」の用途の利便性を目的として設計しており、危険性の評価(Risk Assessment)のための危険源同定、および事故の型での分類とは異なるカテゴリ分けになっています。
(危険源の分類および事故の型との対応については下表をご覧ください。)  

危険源による分類の参考
 1.機械的な危険源    1.1 押しつぶし 【J】 【M】  1.2 せん断 【K】 【M】  1.3 切傷/切断 【K】
 1.4 巻き込み 【J】 【L】  1.5 引き込み/捕捉 【L】  1.6 衝撃 【M】
 1.7 突き刺し 【K】  1.8 こすれ/すりむき 【K】  1.9 高圧流体の注入 【P】
 2.電気的危険源  接触による感電 【E】    
 3.熱的危険源  高温・低温の物体もしくは材料に触れる事による火傷 【T】  
 4.騒音による危険源  4.1 聴力喪失ほか 【G】    
 5.振動による危険源    
 6.放射の危険源    6.1 低周波/無線周波/マイクロ波 
 6.2 赤外線/可視光線/紫外線放射 【G】   6.3 X線/γ線
 6.4 α線/β線/電子・イオンビーム、中性子   6.5 レーザ
 7.材料・物質の危険源  7.1 有害な液体・気体・ミスト・煙霧および粉塵と接触や、それらの吸入 【G】
   7.2 火災又は爆発 【F】  7.3 生物または微生物 
 8.人間工学原則の無視  8.1 不自然な姿勢、過剰努力 【H】 
   8.3 保護具着用の無視 【Q】
 9.滑り・つまずき
 及び墜落の危険源
 床面や通路、手すりなど不適切な状態、設定、設置 【C】 
物に関する危険/有害性  爆発性の物/発火性の物/引火性の物 【F】 
 酸化性/硫酸他腐食性液体等の危険 【G】 
 原材料/ガス/蒸気/粉塵の有害性 【G】
 酸素欠乏空気の有害性 【G】
エネルギー・状態に関する危険/有害性  電気による危険性 【E】
 熱による危険性・高温/低温の有害性 【T】
 騒音の有害性 【G】
 有害光線等 【G】
作業に関する危険/有害性  荷役の危険性 【H】 【M】 
場所に関する危険/有害性  墜落する恐れのある場所 【C】  
 足を滑らす・つまずく恐れのある場所 【C】

事故の型分類による参考   
 墜落・転落
【C】
 転倒
【C】
 激突 【C】(墜落)
(移動する人間が主体になるもの)
 飛来・落下
【M】
 倒壊・崩壊
【D】
 激突され(移動する物体による)
【M】
 はさまれ・巻き込まれ
【M】
 切れ・こすれ
【K】
 踏み抜き
【K】 【D】
 おぼれ
 高温/低温物との接触
【T】
 有害物との接触・感電
【E】  【G】
 爆発
【F】 【P】
 破裂
【F】 【P】
 火災
【F】

材質や仕様について ご注文について FAXご注文用紙 警告ラベルカタログ

弊社TOPページ・取扱製品などは上記バナーのリンクからご参照ください。  会社案内
〒530-0053 大阪市北区末広町2-38 Eメール:info@ishiimark.co.jp
TEL 06-6314-1410:FAX 06-6314-2502
株式会社 石井マーク