配管識別TOPへ

配管識別TOP>  バルブ表示札  配管ステッカー・識別シート  地下埋設物標示  配管識別テープ

樹脂製埋設標示杭 「SPパイル」

樹脂製表示杭SPパイル コンクリート製埋設標示杭 埋設標示ピン「キャツアイ」 埋設表示シート

樹脂製地下埋設標示杭「SPパイル」

丈夫で扱いやすく、識別性に優れたプラスチック製の地下埋設物標示杭です
 


図面PDF(A型) 図面PDF(B型)
■外形寸法
70×70×450o
■材質
本体部分:再生ポリエチレン
キャップ部:ポリエチレン
標示部:ABS系樹脂

■標示部形状
A型=φ40mm 丸型
B型=□40mm 角型

■本体重量
約1.1kg前後

再生樹脂製品です。
ロットにより若干の重量や質感のバラツキが生じる事があります。

 
中空タイプの製品ではなく、衝撃に強いポリエチレン樹脂によって内部までしっかり詰まって成型されていますので、軽量ながらも割れたり欠けたりすることなく丈夫です。

腐敗したり苔や汚れの付着の心配もないプラスチック製品ですから、長期間にわたって美観を損なうことなく埋設物を明示できます。
オレンジ色のキャップは積雪地帯などでも判りやすく、境界杭との識別も容易です。

※施工の際は製品を直接ハンマーやカケヤ等で叩くと、標示プレート部の破損や変形、または脱落の原因になりますため、当て板をした上から打設して下さい。


標示部形状には丸型・角型の2種類があります。
いずれも製品の性能や価格は同じですが、系統によって丸・角をお使い分け頂くなど、両者の選択はお客様の自由です。弊社で任意にお選びする事はありませんので、ご注文のつどA/Bいずれかをご指定願います。


多数の既製表示内容をご用意しておりますが、「ストレート」「L字右」等のご指示では、既製品による標示が実際にお客様のイメージやご希望通りの内容を指しているかどうか判断できかねる事も多々あります。既存の標示内容のものでしたら納期も早くお得ですから、まずはそれらの中から必要なものを照合のうえ品番でご指定下さい。

同様に既存の内容にない別注表記につきましても、どの方向からどの角度で向かう矢印であるかは「L字」等でなく図示によってご指示ください。



色の組み合わせは上記のパターンの通りです。
既製品と同じ色で良い場合でも、例えば「排水」には青色と茶色の二種類の製品がありますため、原則として品番のない別注品の場合には、そのつど色を上記からご指示頂きますようお願いいたします。

当製品はお客様の急ぎのニーズに迅速にお応えできる供給体制に努めておりますが、発送・手配までに時間を費やす例の多くは、A/B型の種別や品番の確認に起因するものでもあり、ご理解をお願いいたします。

標準品各種品番
水道 ガス 消火 電気
SPW-1 SPG-1 SPS-1 SPO-1 SPE-1
SPW-2 SPW-2 SPS-2 SPO-2 SPE-2
SPW-3 SPG-3 SPS-3 SPO-3 SPE-3
SPW-4 SPG-4 SPS-4 SPO-4 SPE-4

そのほか水関係・排水・下水など
SP-101 SP-102 SP-103 SP-105 SP-106
SP-107 SP-110 SP-111 SP-112 SP-113
SP-114 SP-115 SP-120 SP-130 SP-131
SP-132 SP-133 SP-134

そのほかガス    
SP-104

そのほか通信
SP-108 SP-140 SP-141 SP-142 SP-143
SP-144 SP-145
       


(印刷用の書込み用紙としてWEBページ上で開きます)



(入力式)

(書込用)
※Excel版はExcel2007版からの対応です。なおWindows XP環境でのダウンロードは動作対象外です

※ご注文時はA型・B型をご指定下さい

PDF版カタログ(P.69〜70)

「SPパイル」専用リーフレット

表紙付き承認図面のダウンロード
樹脂製標示杭「SPパイル」 A型(各標示共通) Excel版 PDF版
樹脂製標示杭「SPパイル」 B型(各標示共通) Excel版 PDF版

Q.「SPパイル」は杭本体と標示部それぞれ別に購入するのか?
A.両者がセットになったものがひとつの製品であり、部品単体でのご提供もしておりません。
上表の品番も、標示部・杭が1セットになった製品の品番を示します。(プレートの品番ではありません)

Q.既製品と異なる表示色で表記したい。
A.標示プレート部の別注製作表示は下記の色の組合せからお選びいただけます。

これ以外の色ですと、表示部の材質や表記方法からの別設計となる場合や、ロットや価格が高額になります。

Q.頭部キャップの方もそれぞれ色を変えられるのか?
A.頭部キャップはオレンジ色1色が基本となっており、色分けは標示プレート部によってされるものとお考えください。
この製品は「埋設物の存在を明示するオレンジ色のキャップ」と、「流体種別を示す標示プレート色」をコンセプトとしております。オレンジ色のキャップは、境界用のプラスチック杭などとの見分けがつきやすく積雪地帯でも目立ちますので、そこにまず「埋設管が存在する事」を判りやすく示し、流体種別としての色分けは標示プレートがその役割を担っています。

Q.プラスチック杭なのですぐに割れるのではないか。
A.中空品ではなく、内部まで再生PE/PP樹脂で成型されているため耐衝撃性に非常に優れます。

Q.地盤へ直接たたきこんで打ち込んで良いか。
A.へこみや標示プレートの飛び出しを避けるため、当て板の上からたたいて下さい。
パイル自体は衝撃に強い反面、「硬さ」に欠けますから、頭部を直接カケヤなどで強くたたくとキャップ部が変形したり、また、標示プレートが衝撃または打撃によって外れる可能性があるため、打ち込み可能な場所へは当て板をして打設して下さい。
靭性に優れ衝撃に強いタイプのプラスチックは、割れやすいプラスチックよりも「柔らかさ(ネバリ)を持つのが特徴であり、直接固いもので叩いたり、固い路面に打ち込むには適していません。
固い場所に設置する場合には、下穴をあけた上で埋め込んで下さい。

Q.土が柔らかい場合に抜けたり移動したりしないか
A.抜け止めの返しが付いていますが、特に必要ならば根巻き等を施して下さい。
扱いやすく施工がスムーズなのがプラスチック杭の特長であり、SPパイルには抜け止めの返し部分も付いていますが、土壌が柔らかい場合の安定性は根巻きコンクリートの方が勝りますので、特に安定性を高める必要がある場合には、コンクリート杭と同様に下穴をあけて埋め込んだ上で、根巻き施工するという方法もあります。

Q.屋外耐候性はあるのか
A.地中部はほぼ永続的であり、地上部ではある程度の経年劣化が想定されます。
発売開始以降から経年劣化による問題事例は特に発生しておらず、実際には環境条件にもよる変動はあると思われますが十数年以上経過した製品も問題なく使用されています。
標示プレート部のABS樹脂は年月を経るごとに成型色が徐々に褪色してゆく傾向が見られ、最終的には元の色とは異なってくる(薄くなるか変色する)ことがあります。ただし2色の樹脂層への彫刻によって表記されておりますので、色がどのように変化しても文字が消えてしまう事はまずありません。

プラスチック製品の耐候性には複合的な要素も影響しますが、一般には腐食や大気成分による原因よりは、紫外線による脆化現象が最も大きく影響するところであります。目立った経年劣化の実例やクレームは発生しておりませんが、理論上は先端キャップ部分のPE樹脂は年月を経るごとに、日光の影響によって強度が低下してゆく事が考えられますので、そうした状態で強い衝撃や踏みつけなどがあれば破損につながる可能性があります。

Q.埋め込み深さを取れないところがあるので、少しカットして使いたい
A.内部までプラスチックで成型されていますから、カットして頂く事自体は可能です。
製品自体はPE・PP製のプラスチック製品であり、金属部品も含んでおりませんので、施工基準上の問題が無いのであれば現場で多少切り詰めて頂く事は容易かと思われます。
中空ではないのでカット時に割れる事もありませんが、電動工具などカットする場合は、摩擦熱による樹脂のガム化現象などを避けるためにも、回転速度にはご注意ください。

Q.標示プレートのみを直接路面表示や別の用途に用いたい
A.標示プレートはSPパイル用のものであり、路面貼付用としてのご提供はしておりません。
プレートのサイズ・厚み・取り付け仕様はSPパイルのくぼみ部への装着を想定したものであり、SPパイルを構成する部材の一部ですので、路面などに直接取り付ける等の目的のほか、部品単体でのご提供はしておりません。
しかし弊社では様々な標示プレートの製作は行っておりますから、これとは別に必要なサイズや材質、取付穴などによってご希望の表示物を製作する事は可能です。
また、杭が埋め込み不可能な路面であればキャツアイ別注表記や、コンクリート杭上部のアルミ彫刻プレートの方法もご検討下さい。

Q.識別表示を変更したいが、掘り返さずに標示部だけを取り換えたい。
A.既納入分を現場で変更する必要のある場合に関してはご相談下さい。
お客様によりプレートの取り換えは弊社では推奨しておりませんが、既に設置した杭を掘り返す事が困難で費用もかかる場合、標示部のみを取り換える必要性が生じるのはごもっともな事です。
重要かつお含みおき頂きたいのは、お客様の側で取り換えたプレートが不十分な取り付けによって外れた場合に、弊社がその責を負いかねるという点でございます。取り外した既設プレートの残滓等、汚れやホコリを充分に取り除き、表面を脱脂したうえで充分に圧着して頂く必要があります。

Q.境界杭として使えるのか
A.材質的には同様のものですが、市販の境界杭を使う方が理にかないます。
SPパイルは埋設物の標示に特化したキャップ部分を持っており、基準位置の十字を示すことだけが目的ならば、一般的に量産されている境界杭の方が、サイズも豊富で安価かと思われます。
また境界杭に関しては、関連JIS規格や「永久標識」として使用できる条件(コンクリート・石)などに色々な取り決めがありますから、埋設物標示用の当製品をそのまま境界杭として置き換えて捉えない方が無難です

境界標については、アルミ・真鍮表示板、コンクリート杭などの対応がございますから別途お問い合わせ下さい。

   

〒530-0053 大阪市北区末広町2-38 Eメール:info@ishiimark.co.jp
TEL 06-6314-1410:FAX 06-6314-2502
株式会社 石井マーク 
サイトマップ